ムール貝採り

作家名
ピエール・オーギュスト・ルノワール
制作年
1888-1889年頃
技法・素材
油彩/カンヴァス
サイズ
56.0 x 46.4 cm

ピエール・オーギュスト・ルノワール 《ムール貝採り》 1888-1889年頃

作品解説

本作品は、1879年に制作された《ベルヌヴァルのムール貝採り》(フィラデルフィア、バーンズ財団蔵)をもとに、そのおよそ十年後に再び描かれた作品と考えられます。ノルマンディーの海岸沿いの町ベルヌヴァルには、ルノワールの擁護者であった銀行家のポール・ベラールの別邸がありました。1880年前後の時期、ルノワールは招かれて同地にたびたび滞在していますが、1880年代末に制作された本作品は、かつて滞在した際に残された習作等に基づきながらアトリエで描かれたものでしょう。 牧歌的な自然を舞台とした群像表現は、ルノワールが愛好した18世紀のロココ絵画にしばしばみられます。加えて、女性と子どもによる労働の様子は、1880年代半ば以降、ルノワールが好んで主題に取り上げています。また、鮮烈な色彩に加え、明瞭な輪郭をもつ人物の形態はとりわけ、古典主義への意識を深めた1880年代ならではの表現の特徴といえます。