母子像 展示中

作家名
パブロ・ピカソ
制作年
1921年
技法・素材
油彩/カンヴァス
サイズ
101.8 x 83.5 cm

パブロ・ピカソ 《母子像》 1921年

作品解説

1917年以降、ピカソはセルゲイ・ディアギレフ率いるロシア・バレエ団の舞台装飾と衣装を担当し、華々しい業績とゆるぎない名声を確立します。バレエ団のダンサーでロシアの貴族出身のオルガと結婚した彼は、裕福な新生活を享受しつつ、イタリア旅行を皮切りに、ギリシア、ローマなど地中海文明の遺産を創作に取り入れていきました。そして1921年の夏、オルガと2月に誕生したばかりの長男パウロを伴いフォンテーヌブローに避暑のため滞在し、充実した私生活を反映するかのような重要作を手がけています。オルガとパウロをモデルに古典主義的手法で描いたこの母子像では、やわらかな筆触で淡い褐色とバラ色に白色を重ね、ふっくらとした身体の触感と母子間の交流をあますことなく表現しています。ピカソは腕や手、頭部など身体の各部分にデフォルメを加え、人物像に人間よりも大きな存在感―神秘性を纏わせることに成功しています。