菊花文花器

作家名
エミール・ガレ
制作年
1900年頃
サイズ
高14.2 径20.4 cm

エミール・ガレ 《菊花文花器》 1900年頃

作品解説

比較的大きな貴金属の箔をガラスの中間層に封入していることが良くわかる作例。ピンク色の素地の肌を、酸を用いてつや消しに加工し、エナメル彩と金彩を併用して八重咲きの菊を描いている。赤色ガラスや金箔を封入した透明ガラス製のカボションが、全体の柔らかい色調の中でアクセントになっている。(『名作選』 2007)