あやめ文銀製化粧セット(28点)、ゴールドスミス・アンド・シルヴァースミス

制作年
1903-1907年
技法・素材
サイズ
詳細情報に記載

 《あやめ文銀製化粧セット(28点)、ゴールドスミス・アンド・シルヴァースミス》 1903-1907年

作品解説

立ち鏡をはじめとした28点の化粧セット。金銀製品の専門メーカーが作ったもので、あやめ文様にアール・ヌーヴォー様式が余すところなく表現されている。1914年のイギリスのカタログに、化粧セットが何種か掲載されているが、多くが手鏡、ブラシ5、6点程度のセットが多い。そうしたことも含めて考えると、これだけの数量のセットは、富裕な階級の注文品であったことがわかる。