ナラ文花器

作家名
エミール・ガレ
制作年
1900年頃
サイズ
高22.4 径8.0 cm

エミール・ガレ 《ナラ文花器》 1900年頃

作品解説

三葉形の口作りをもつ筒型花器。流れ落ちる滴形のアプリカシオンを3ヵ所に熔着している。緑色にオレンジ色を重ね、グラヴュールでドングリをつけたミズナラのような植物を彫刻している。木の枝の部分には黒と赤のサリッシュールが入れられている。背面には羽を広げて飛ぶ蝶が一匹彫刻され、その部分には貴金属箔を挿入するサンドイッチ技法が使われている。花器全体に細かいマルトレ(槌目模様)が施されている。(『名作選』 2007)