ダリア文テーブルウェア

作家名
エミール・ガレ
制作年
1898年頃
サイズ
高27.0 幅17.4 奥行14.6 cm(ピッチャー); 高14.2 径7.3 cm(グラス5点)

エミール・ガレ 《ダリア文テーブルウェア》 1898年頃

作品解説

金型によって縦溝をつけた褐色透明素地にダリアの装飾を絵付けした食器。花や枝はエナメル顔料を盛り上げて塗り、花芯にはカボションを熔着している。葉の表現はエナメル彩色とエッチングによる陰刻の二種の技法が併用されている。花の描写には、ゆったりとした鷹揚さと、豪華さが共存し、ガレ後期のスタイルを物語っている。(『名作選』 2007)