ユリ文花器 展示中

作家名
エミール・ガレ
制作年
1895-1897年
サイズ
高57.9 径18.9 cm

エミール・ガレ 《ユリ文花器》 1895-1897年

作品解説

淡い青緑色の透明地に肌色と暗紅色を被せ、エッチングによってユリの花を彫刻している。余白の部分には意図的に削り残した肌色地が斑模様を作って、一種のぼかしの効果を生んでいる。(『名作選』 2007)