古着屋

作家名
レオナール・フジタ (藤田嗣治)
制作年
1958年
技法・素材
油彩/ファイバーボード
サイズ
15.0 x 15.0 cm

レオナール・フジタ (藤田嗣治) 《古着屋》 1958年

作品解説

〈小さな職人たち〉フジタがパリで働く貧しい人々に向けたあたたかいまなざしは、〈小さな職人たち〉をはじめとする絵画だけでなく、彼の文章からも感じられる。フジタはその著書『巴里の横顔』(1929年)や『巴里の昼と夜』(1948年)で、パリの街でよくみられる典型的な人物を取りあげ、彼らの特徴について詳しく語っている。そのなかから〈小さな職人たち〉の連作に描かれている職業に触れた言葉を、図版に添えて掲載した。……パリ市内の、物売りでは、毎日くるものに屑屋がある。大声で、町をどなって歩くが、その声は、「ダビ、シフオニエ」と節をつけて、呼んで歩く。-『巴里の昼と夜』81-82頁