コンシェルジュ(管理人)

作家名
レオナール・フジタ (藤田嗣治)
制作年
1959年頃
技法・素材
油彩/ファイバーボード
サイズ
15.0 x 15.0 cm

レオナール・フジタ (藤田嗣治) 《コンシェルジュ(管理人)》 1959年頃

作品解説

〈小さな職人たち〉フジタがパリで働く貧しい人々に向けたあたたかいまなざしは、〈小さな職人たち〉をはじめとする絵画だけでなく、彼の文章からも感じられる。フジタはその著書『巴里の横顔』(1929年)や『巴里の昼と夜』(1948年)で、パリの街でよくみられる典型的な人物を取りあげ、彼らの特徴について詳しく語っている。そのなかから〈小さな職人たち〉の連作に描かれている職業に触れた言葉を、図版に添えて掲載した。……それから家々の番人(コンシェルジュ)。アパートの入口に住んでいて、入口から階段、中庭までも丹念に掃除して、年中ブツブツ言っている人種です。何しろ全住居人の管理人ですから大変な権力を握っており、借家人にとっては恐るべき存在ですよ。が、時々やるチップで御機嫌が直ったり、-また直らなかったり、しかし仲善くなればまた格別で、こっちが困れば金も貸して呉れるし、借金取りを追い返しても呉れますよ。-『巴里の昼と夜』122頁