ルソー、フジタ、写真家アジェのパリ―境界線への視線 Artists on the edges of Paris: Le Douanier Rousseau, Foujita, and Atget 2016年 9月10日(土曜日)〜2017年3月3日(金曜日)

展覧会について

2016/08/25

展覧会概要

パリの境界線をなぞる―拡張する郊外、時代の変貌を見つめる眼差し

かつて壁や防塁に囲まれていた城砦都市パリ。
20世紀初頭には、都市の周縁に移民や貧困者が住み着き、パリの街が拡張されてゆきました。その都市拡張のダイナミズムをなぞるように郊外に出現した風景を鋭くとらえたのがアンリ・ルソーであり、また、1913年にパリに到着した越境者レオナール・フジタ(藤田嗣治)でした。さらに、画家たちだけでなく、「近代写真の父」とも呼ばれるウジェーヌ・アジェをはじめとする写真家たちもパリの変貌する姿をうつし出したのでした。

20世紀以降、世界各地の都市部に生まれた郊外の風景に視線を向ける美意識は、まさにこのパリの境界線上で醸成されたのです。本展では、先の3人の作品に加え、同時代のパリを生きた画家モーリス・ユトリロや佐伯祐三などの作品をあわせて紹介しながら、都市の境界線に映し出される“時代の変貌”へ向けられた視線をたどります。

rfa_01_01

rfa_01_02

rfa_01_03

会   期 : 2016年9月10日(土)~ 2017年3月3日(金)*会期中無休
主   催 : 公益財団法人ポーラ美術振興財団 ポーラ美術館
特別協力 : 川崎市市民ミュージアム、東京国立近代美術館、横浜美術館
後   援 : フランス大使館、アンスティチュ・フランセ
作品点数 : 約130点(絵画、写真、版画) ※会期中、展示替あり