01

作品解説/《静かな水(テムズ川、例として)》

《静かな水(テムズ川、例として)》

 

1999年

15点の写真と文字のオフセット・リトグラフィー/非塗工紙

各77.5×105.4cm

 

ロンドンの中心部を流れるテムズ川の水面を写した15点。私たちが一言で「水」と呼ぶものの、驚くべき多様性を捉えています。よく見ると画面には点のように細かな数字が配置され、下部の文章と「脚注」のように結びついています。ここには水の深みや波立つ水面が呼び起こす様々な感情や問いかけ、そこから連想される不穏な物語、ディキンスンらの詩文からの文学的引用などを織り交ぜながら、ホーンの言葉が散文のように綴られています。この作品のなかで、彼女は「水に映るあなたを見るとき、あなたの中に水を感じる?」と私たちに問いかけます。水という身近なようで、不確かで異様な物質が、私たちの体を流れ、満たしているのです。

 

This is a set of 15 images of the surface of the River Thames, which flows through central London. It captures the astounding diversity in what people often think of as simply a single body of water. Look closely and you will find the images dotted with tiny numbers, which connect to footnotes below the photographs. In the footnote text, Horn’s ideas are interwoven with various emotions and questions evoked by the depth and rippling surface of the water, disturbing tales associated with the river, literary quotations from Emily Dickinson and more. In this work, Horn asks us: “When you see your reflection in water, do you recognize the water in you?” Water is an indeterminate substance, both familiar and strange, which flows through and fills all our bodies.