Modern Beauty ART & FASHION in FRANCE 2016.3/19 SAT - 9/4 SUN 休室 6/16 THU

展覧会について

2016/03/18

展覧会概要

img_m_001

ポーラ美術館では、財団設立 20 周年を記念して、コレクションの特徴のひとつである「女性の美」に焦点を当てる展覧会 を開催いたします。
社会構造や人々の生活を激変させた産業革命の波は、19 世紀フランスのファッションにも大きな影響を与えました。そ れは、紡績機や織機の改良、縫製技術の発展や百貨店などによる流通の拡大といったことはもちろん、ファッションメディ アの発達により流行情報の拡散のスピードや鮮度とその広がり方にも変化を与えました。また、時を同じくして 19 世紀 以降の画家たちに影響を与えた美術批評家で詩人のシャルル・ボードレールが、芸術において移ろいやすいものや一時的なもののなかにある「近代性」(モデルニテ)を描くことを称揚したことで、時代ごとに変わりゆく都市風俗は新たな絵画 の主題となりました。なかでも、流行を映し出す女性たちのファッションは重要な主題のひとつとなり、密室で行われる 女性の化粧や身づくろいなどの場面も数多く描かれるようになりました。
本展では、ポーラ美術館が収蔵する 19 - 20 世紀の絵画を中心に、同時代のファッション雑誌やファッション・プレート、 装身具、化粧道具、ドレスなどをあわせて展示し、女性たちのファッションや化粧が画家たちによってどのように描かれ たのかを検証しつつ、その背景や意味について考えます。
100 年前の女性たちの「美」へのこだわりを、これまでとはひと味違った形でご紹介いたしますので、ぜひお楽しみください。

・開催期間:2016年3月19日(土)~ 9月4日(日)*会期中無休
・作品点数:約212点(会期中、展示替えをいたします。詳細はお問い合わせください。)