Modern Beauty ART & FASHION in FRANCE 2016.3/19 SAT - 9/4 SUN 休室 6/16 THU

Modern Beauty 図鑑

2016/03/18

ファッション&ヘアメークの変遷 - 1850年代&1860年代

【ファッションのトレンド】ドーム型シルエットの「クリノリン・スタイル」 ー

1850-1860年代の裾が広がったドーム型のシルエットのスタイル。鯨ひげや針金を輪状にして重ねたフープに、麻糸と馬の尾毛を織り上げた布地を張った下着(クリノリン)をつけている。
かよわさの象徴ともいえる白い肌を保つため、外出時は、帽子やヴェールを着用していた。

mb_img_m_056

 
 

【ヘアメークのトレンド】「かよわさ=美しさ」の追求 ー

かよわいこと、繊細なことが美しいとされ、病めるような青白さを表現するため、メイクとして静脈を描くこともあった。1860年代には、肌を傷めない「亜鉛華白粉」が登場し、一大ブームとなった。

また当時、多くの女性は、かよわさや繊細さを求める美意識に合わせて、頬紅や口紅をつけていなかった。紅をつけるのは、女優など舞台に立つ職業以外は、娼婦であることを意味していた。

この時期の化粧道具

mb_iimg_m_060