プレスリリース

「乳白色の肌」で知られる藤田嗣治が描いた、あざやかな旅の記憶 「フジタ ― 色彩への旅」展 4月17日(土)より開催

ポーラ美術館(神奈川県・箱根町)は、4月17日(土)~ 9月5日(日)に、「フジタ ― 色彩への旅」展を開催いたします。

世界的な画家になることを夢みて1913年、26歳で渡仏したレオナール·フジタ(藤田嗣治、1886-1968)は、旅先で目にした風景や人物、異国の歴史や風俗などに創作のインスピレーションを求めました。
1920年代にパリの女性をモデルに「乳白色の肌」を完成させ、パリ画壇の寵児となったフジタは、その後、旅によって新たなモティーフや群像表現のための構図と、色彩豊かな表現手法を開拓していきます。

本展では、フジタの旅とそれにともなう色彩の変遷に焦点をあて、フジタの生涯の旅路と画業の展開をあらためてご紹介します。

PDFアイコンをクリック頂くと、リリースデータをご覧いただけます。

(PDF/1,764KB)