プレスリリース

日本とフランス、150年の「美の往還」を辿る 「Connections-海を越える憧れ、日本とフランスの150年」11月14日(土)より開催

ポーラ美術館(神奈川県・箱根町)は、2020年11月14日(土)~2021年4月4日(日)に、日本とフランスの芸術交流をテーマにした展覧会「Connections-海を越える憧れ、日本とフランスの150年」を開催いたします。

19世紀後半から20世紀初頭にかけて近代化が進む激動の時代、日本とフランスという2つの国は、それぞれに新しい美の基準や感性を模索する上で、互いに不可欠な存在であったといえます。本展覧会は、大量のモノや情報、そして人の往来が可能になった時代に、長い歴史の中で培われてきた双方の芸術が織りなした「美の往還」を検証する試みです。

PDFアイコンをクリック頂くと、リリースデータをご覧いただけます。

(PDF/1,835KB)