プレスリリース

ポーラ美術館、ロゴなどヴィジュアル・アイデンティティーを刷新グラフィックデザイナー 長嶋りかこ氏デザイン

ポーラ美術館は、VI(ヴィジュアル・アイデンティティ)を刷新し、「モネとマティス もうひとつの楽園」展開幕(6月1日)にあわせて、順次導入してまいります。
ポーラ美術館は、2002年の開館以来、世界に発信するという願いを込めたロゴマークを使用してまいりましたが、刷新したロゴは、「塗り」のロゴと「線」のロゴを、状況や使途に応じて、左右対称、または上下反対に配置するものとしました。これは相対するものを起点としながら、様々なものが響きあい、変化していく様子と広がりを表現しています。これは、ポーラ美術館がさまざまに変化しながらも、ゆるぎないアイデンティティを持つことを示すものです。
今後、より新たなことに挑戦し続ける美術館でありたいとの思いを広くお伝えするため、VIを刷新いたしました。VI刷新にあたっては、デザイナーの長嶋りかこ氏に協力を得ています。

PDFアイコンをクリック頂くと、リリースデータをご覧いただけます。

(PDF/1,316KB)