プレスリリース

「印象派、記憶への旅」を開催中のポーラ美術館が好きな印象派の画家について意識調査を実施。 1位「モネ」 2 位「ゴッホ」 3位「ルノワール」

ゴッホは男性、モネは女性から厚い支持

印象派作品をテーマにした展覧会「印象派、記憶への旅」の開催に伴い、ポーラ美術館では20~60代の男女を対象に、好きな印象派画家などについて意識調査を実施しました。
「好きな印象派の画家*」についての調査では、1位「モネ」(61.7%)、2位「ゴッホ」(51.9%)、3位「ルノワール」(46.2%)が上位を占める結果となりました。
*新印象派、ポスト印象派含む
その中でも、男性からはゴッホ、女性からはモネがそれぞれ支持されました。
他にも、「作品鑑賞以外に美術館で体験したいこと」や「一緒に美術館に行きたい相手」などについて調査した結果をまとめています。


下記をクリックいただくとリリースがご覧いただけます。
印象派などについての意識調査

(PDF/1,134KB)