シャガールの故郷で愛されたクレズマー音楽に触れる

「シャガールが描いた音楽〜トーク&コンサート」

日本を代表するクレズマー楽団「オルケステル・ドレイデル」をお招きし、シャガールが親しんでいた東欧ユダヤ音楽・クレズマーを、「トーク」「コンサート」で堪能するイベントです。

日程:2017年5月3日(水・祝)

1.トークイベント

「オルケステル・ドレイデル」代表で美術史家の樋上千寿氏と「ピカソとシャガール展」担当学芸員による、シャガールの世界を音楽から読み解く、シャガール・トーク。

日時:15:30~16:30
場所:地下一階講堂
出演:樋上千寿(京都造形芸術大学講師、「オルケステル・ドレイデル」代表)
   今井敬子(ポーラ美術館学芸課長)
定員:70名
参加費:無料 ※当日入館券が必要です。

Hinoue Chitoshi.web

樋上 千寿(ひのうえ ちとし)

同志社大学大学院文学研究科在籍中より東欧ユダヤ系芸術家シャガールの研究を進める。 「シャガールが描くヴァイオリン弾きはどんな旋律を奏でたのか」という問いを追究する 途上でクレズマー音楽に出逢い、2003 年「オルケステル・ドレイデル」を結成。

2.コンサート

結成14年「オルケステル・ドレイデル」による、豊潤なクレズマー音楽を楽しむスペシャル・コンサート。

日時:17:10~18:00
会場:カフェチューン
定員:70名
参加費:無料 ※当日入館券が必要です

出演:「オルケステル・ドレイデル」
樋上千寿(クラリネット)、秦コータロー(アコーディオン)、高橋延吉(ドラムス)

※コンサート終了後、「強羅駅」「仙石案内所」行きの臨時バスを発車いたします(無料)


※クレズマー音楽とは:
17世紀~20世紀初めまで、中・東欧のユダヤ人の町や村で演奏されていた、哀愁たっぷり、ユーモアもたっぷりの陽気な民族音楽。旧白ロシア(現ベラルーシ)のユダヤ人の街に生まれた画家マルク・シャガールも、生涯にわたってこの伝統音楽をインスピレーションの源とした。

オルケ476298

オルケステル・ドレイデル:(写真左から)
秦コータロー(はた こーたろー):アコーディオン
樋上 千寿(ひのうえ ちとし):クラリネット
高橋 延吉(たかはし のぶよし):ドラムス