佐藤翠「Diaphanous petals」展

会期:2019年12月15日(日)~2020年4月5日(日)
場所:アトリウム ギャラリー

展覧会概要

ポーラ美術館は、開館15周年にあたる2017年に公益財団法人ポーラ美術振興財団の助成を受けた現代美術作家の活動を紹介する「アトリウム ギャラリー」を新設し、芸術表現と美術館の可能性を「ひらく」という趣旨の「HIRAKU PROJECT」をおこなっております。
第10回目となる今回は、ドレスやハイヒール、花、果実といった女性的なモティーフを、軽やかな色彩感覚や力強い筆のストロークによって表現するアーティスト、佐藤翠をご紹介します。美術館での初個展となる本展では、幅2.5mにおよぶ大作を含む新作6点を展示いたします。やわらかな光の表現に挑んだ新境地の絵画作品をご覧いただけます。

《Diaphanous pink window I》web

佐藤翠《Diaphanous pink window I》2019, Glitter, oil and acrylic on canvas
194.5×259.3cm photo by Kenji Takahashi
© Midori Sato, Courtesy of Tomio Koyama Gallery / Koyama Art Projects

《Diaphanous pink window II》web

佐藤翠《Diaphanous pink window II》2019, Glitter, oil and acrylic on canvas
194.2×259.3cm photo by Kenji Takahashi
© Midori Sato, Courtesy of Tomio Koyama Gallery / Koyama Art Projects

佐藤翠(1984-)は、服や靴などのファッションアイテムがひしめくクローゼットや、装飾的な文様で覆われたカーペット、そして色彩豊かな花々を、油彩やアクリルで描くアーティストです。ドレスやハイヒール、花や果物など、一貫して女性的なモティーフにこだわりながら、正面観を意識した構図やコントラストの強い色彩表現、身体性を感じさせる力強い筆のストロークによって、独自の絵画表現を追求してきました。個展やグループ展での作品発表のほか、小説の装丁画や挿絵を手掛けるなど、活躍の場を広げています。

本展では、6点の新作を発表します。縦1.94×横2.59mにおよぶ、光溢れるショーウインドウを描いた《Diaphanous pink window I》を含む大作3点と、これまでも連作として描いてきた花やカーペットをモティーフとした小品3点です。

具象と抽象、現実とイマジネーションの世界とを行きつ戻りつしながら、絵画表現の魅力を追い求める佐藤の、新たな作風の展開にご注目ください。

佐藤翠_作品_7web

佐藤翠 《Bouquet of roses I》 2019, Oil and acrylic on canvas
50.0 x 60.6 cm © Midori Sato

作家プロフィール

佐藤 翠(さとう・みどり)
1984年、愛知県生まれ。名古屋芸術大学美術学部絵画科洋画コース卒業(2008年)、東京造形大学大学院修了(2010年)。平成29年度ポーラ美術振興財団在外研修員としてフランスに滞在。服や靴が整然と並ぶクローゼットや、四季折々の花や果物を油彩やアクリルを用いて描き、具象と抽象の間を揺れ動く装飾的な絵画表現を試みる。主な個展に「Glimmer of night」SCÈNE(東京、2019年)、「Bouquets」8/ART GALLERY/Tomio Koyama Gallery(東京、2019年)、「Orange glow」Green Flowers Art(パリ、2018年)など。VOCA展2013(2013年)にて大原美術館賞受賞。東京在住。
【作家ウェブサイト】https://www.midorisato.com/

佐藤翠_webjpg