アラベスク文花器

作家名
エミール・ガレ
制作年
1880年代
サイズ
高16.4 径8.0 cm

エミール・ガレ 《アラベスク文花器》 1880年代

作品解説

やや口が広がった杯の形をした型吹き成形の花器。胴部に4段の環状帯を廻らしている。胴部の上下には、4個ずつの団花文(円に囲まれた丸文の集合)の形状に加工し金彩を施し円形アプリカシオンを熔着している。装飾文様はイスラム風の唐草文様で黒、紫、白のエナメル彩と金彩が使われている。(『名作選』 2007)