紫陽花文花器

作家名
エミール・ガレ
制作年
1904-1906年
サイズ
高59.6 径19.7 cm(左); 高59.0 径19.2 cm(右)

エミール・ガレ 《紫陽花文花器》 1904-1906年

作品解説

透明地にオレンジ、白、紫、緑を重ね、エッチングによってガクアジサイと思われる花を彫刻している。本作の穏やかで上品な色調の組み合わせは、ガレ晩年の量産品の典型のひとつといえる。ガレの歿後から後年になるほど、色調は濃厚で派手なものに変わってゆく。(『名作選』 2007)