葡萄文蓋付瓶

作家名
エミール・ガレ
制作年
1900-1902年
サイズ
高20.0 幅9.7 奥行8.7 cm

エミール・ガレ 《葡萄文蓋付瓶》 1900-1902年

作品解説

ヒョウタン形の瓶で、透明地に白、淡緑色、濃淡2色の茶色を重ね、エッチングで葡萄の房を彫刻している。葡萄の実の3ヵ所にカボションが載せられていて、各々グラヴュールで研磨仕上げがなされている。蔓の形状にデザインされた取手は、アプリカシオンでガラスが熱いうちに熔着されたもの。栓は透明地に茶色を被せた2層被せガラス製。エミール・ルーベ大統領からロシア皇帝に献上されたガレ作品12点の内に、これと同形作が含まれている。1902年5月24日付『イリュストラシオン』誌に掲載された図版では、栓がない状態の瓶が確認できる。(『名作選』 2007)