有職文花器

作家名
エミール・ガレ
制作年
1900年頃
サイズ
高18.6 径12.6 cm

エミール・ガレ 《有職文花器》 1900年頃

作品解説

伊万里風の文様をエナメル彩と金彩で絵付けした作品。ガラスがまだ熱いうちに口の周囲の3ヵ所をピンセットのような工具で摘んで互いに密着させて三葉形に造形し、さらにねじりを入れたガラスの紐を取手として中央部に熔着している。華やかな日本風の装飾文様に大きく描かれた蜻蛉を組み合わせている。(『名作選』 2007)