岡田三郎助誕生150年記念 モダン美術誕生 岡田三郎助と近代のよそおい

2018年12月8日 土曜日から2019年3月17日 日曜日

開館時間 9:00 〜 17:00 (入館は16:30まで)
会期中無休、 ただし2019年1月30日(水)は企画展示室は休室

  • 展覧会について
  • モダン美人誕生
  • 岡田三郎助
  • ショップ&レストラン&イベント

現代の美人の原点とは?

江戸時代から明治期にかけて、西洋文化の流入により、
「美意識」は劇的に変化します。
絵画やファッション、化粧道具の変遷を辿りながら、
現代にも通じる「モダン美人」の原点を探ります。

画家が「美人イメージ」と流行の創出に果たした役割とは?生誕150年を迎える岡田三郎助を中心に。

岡田による「美人
イメージ」創出

人々が憧れる「美人イメージ」はどのように作られたのでしょうか。新たな美人像の創出に大きな役割を果たしたのが、岡田三郎助でした。

画家とファッション
業界との関わり

岡田を筆頭とする当時の画家たちは今でいうデザイナーやクリエイティブディレクターの役割を担っていました。

住所

〒250-0631 神奈川県足柄下郡
箱根町仙石原小塚山1285

お問い合わせ

TEL 0460-84-2111

  1. 01.岡田三郎助《あやめの衣》1927年(昭和2)
  2. 02.岡田三郎助 《少女像》 1908年(明治41)頃
  3. 03.楊洲周延《上野不忍競馬之図》1884年(明治17) (部分)
  4. 04.岡田三郎助 《ダイヤモンドの女》 1908年(明治41) 福富太郎コレクション資料室蔵
  5. 05.『日本美人帖』(時事新報社、1908年(明治41))より末弘ヒロ子
  6. 06.岡田三郎助《婦人像》1907年(明治40) 石橋財団ブリヂストン美術館蔵
  7. 07.「納戸縮緬地 八橋に杜若模様小袖」 江戸時代後期 松坂屋コレクション(J.フロント リテイリング史料館蔵) *Ⅰ期展示:12/8-2019.1/14
  8. 08.「五三桐文蒔絵婚礼化粧道具」明治時代
  9. 09.「あやめ文銀製化粧セット」1903-1907年(明治36-40)
  10. 10.中山太陽堂ポスター「カテイフード」昭和時代
  11. 11.アクセサリー類 日本宝飾クラフト学院蔵
  12. 12.「縹地紙風船模様銘仙着物」昭和時代 個人蔵[前期]
  13. 13.「赤地孔雀羽模様銘仙着物」昭和時代 個人蔵[後期]
  14. 14.「アール・ヌーヴォー風鏡台」大正時代
  15. 15.藤島武二《女の横顔》1926-1927年(大正15-昭和2)
  16. 16.村山槐多《湖水と女》1917年(大正6)
  17. 17.岸田劉生《麗子坐像》1919年(大正8)