展覧会 2013年

企画展

「ルノワール礼讃 ルノワールと20世紀の画家たち」展

2013年12月1日(日)~2014年4月6日(日)

「美しく描かなければいけない」 日本最多のルノワール・コレクションを持つポーラ美術館が、初めて開くルノワール展。“印象派の画家”にとどまらない、新たなルノワール像が見えてくる!


コレクション企画

「いろどる線とかたどる色」 ドガのパステル、シャガールの水彩、マティスの『ジャズ』

2013年12月1日(日)~2014年4月6日(日)

どんな色や線で形をつくるのか――。画家たちは常にその問題に向き合い、画材の特徴を活かして表現をしています。この展覧会では、油彩・水彩・パステルなどの「描くもの」(絵具など)から、紙やカンヴァスなどの「描かれるもの」(支持体)まで、さまざまな画材の特質に注目しながら作品をご紹介していきます。


コレクション企画

ポーラ美術館の絵画 日本画、日本の洋画を中心に

2013年12月1日(日)~2014年4月6日(日)

ポーラ美術館が収蔵する日本画/日本の洋画/レオナール・フジタ コレクションをご覧いただけます。


コレクション企画

ポーラ美術館ガラス工芸名作選

2013年7月13日(土)~2014年4月6日(日)

ポーラ美術館の収蔵する、アール・ヌーヴォーを代表する作家であるエミール・ガレ、ドーム兄弟、ルイス・C. ティファニーによるガラス工芸の名品。ガレの《アザミ文花器》とファン・ゴッホの《アザミの花》を比較するなど、同じ花のモティーフの描かれた絵画とガラス工芸の作品をご紹介します。


企画展

モネ、風景をみる眼―19世紀フランス風景画の革新

2013年7月13日(土)ー2013年11月24日(日)