平川祐樹―映画の見る夢

会期:2018年9月30日(日)-12月2日(日)

ポーラ美術館では2017年の開館15周年を記念して、同年10月に公益財団法人ポーラ美術振興財団の助成を受けた現代美術作家の活動を紹介する「アトリウム ギャラリー」を新設し、芸術表現と美術館の可能性を「ひらく」という趣旨の「HIRAKU PROJECT」を開始しました。
第6回目の展示として、平川祐樹の個展「映画の見る夢」を開催いたします。

平川祐樹は、これまで映像を主軸として、場所やモノに宿った時間をテーマにした作品を制作してきました。近年は特に、映画やフィルムといった題材を扱いながら、「記憶」や「記録」、「生」と「死」といった普遍的な美術のテーマを強く感じさせるような作品を制作しています。

「Nitrate Dreams」シリーズの制作の発端は、作家がアンティーク・マーケットで見つけた一片の映画フィルムでした。ひどく傷んだフィルム片はただれ、画像は今にも溶け出してしまいそうな状態でした。平川はそれらの画像を丁寧に水中ではがし取り、銀の粒子を抽出しました。かつてフィルム上で画像を構成していた銀粒子は、映像作品《Grains of Film – Silver Nitrate》(2017年)において、金色に輝く水中を漂い、新たな画像を構成してゆきます。また作家は、その映画フィルムからはがし取った銀粒子を小さな塊へと再鋳造しました。光り輝く銀塊の中に映画のワンシーンを見ることはできませんが、3分間というフィルムの時間尺がおさめられた小さな銀塊《Three Minutes of Silver》(2017年)は、鑑賞者の想像力を掻き立てます。

また、これらの一連のプロセスは、かつての映画産業が1940年代まで一般的に行ってきた、映画フィルムのリサイクルと銀の再鋳造を連想させます。また、錬金術で行われてきた「蒸留」や「還元」といったプロセスをも思い起こさせます。映画とは、映像を未来に向けて記録し記憶するために人間が生み出したメディアです。しかしその意図―夢に反して、古いフィルムは長い年月に耐えうることなく劣化が進み、いつかは消滅する運命にあります。本展覧会「映画の見る夢」では、その壮大な夢の一端が託された小さなフィルム片から、映像(=非物質)と、結晶(=物質)を抽出し、夢のありかを呈示することを試みます。

Grains_of_film_s

Wounded Film_s

three_minutes_of_silver_s

左から:Grains of Film - Silver Nitrate / 2017 / ビデオインスタレーション / 4K / 11分11秒ループ / サイレント
Wounded Film / 2017 / 2面映像 / オリジナル4K / 3分ループ / サイレント
Three Minutes of Silver / 2017 / 銀