HIRAKU PROJECT VOL.3

流 麻二果『色を追う/Tracing the Colors』

会期:2018年3月17日(土)-5月13日(月)
会場:ポーラ美術館 アトリウムギャラリー

ポーラ美術館では開館15周年を記念して、公益財団法人ポーラ美術振興財団の助成を受けた現代美術作家の活動を紹介する「アトリウム ギャラリー」を新設し、芸術表現と美術館の可能性を「ひらく」という趣旨の「HIRAKU PROJECT」を開始しました。
第3回目の展示として、流 麻二果(ながれ・まにか)の個展『色を追う/Tracing the Colors』を開催いたします。

本展は、あざやかな色彩表現を特徴としてきた流が、色彩を通して印象派の絵画と現代美術との接点を追究するもので、ポーラ美術館の収蔵作品を題材に制作された流の新作を展覧します。ルノワール《水のなかの裸婦》(1888年)から着想した《人肌》、ゴッホ《草むら》(1889年)から《照降なし》のほか、モネ《睡蓮の池》(1899年)をモティーフとした最新作は印象派の色彩を解釈、再構成した作品です。また、流が制作してきた多彩な色にあふれる画面とは異なり、色を塗り重ねることで深みのある色彩を生み出す新しいシリーズ<色の跡>を初めて公開いたします。

t1006980

《人肌/Skin Warmth》2017年 撮影:加藤健

t1006_2544

《色の跡/Trances of Colors》2017年 撮影:加藤健

t1006_3544

《照降なし/Neither Rain nor Shine》2017年 撮影:加藤健