コレクション

コレクションハイライト

クロード・モネ

印象派の代表的な画家モネは、光や大気などうつろいゆくものの一瞬を描こうとしました。やがて、同じ主題を様々な時刻や天候の中で描き分ける連作を制作し、「睡蓮」連作などを残しています。

ピエール・オーギュスト・ルノワール

ルノワールは、都市風俗、美しい女性像や裸婦などを明るい色彩と活き活きとした筆遣いで描きました。また次の世代の画家にも大きな影響を与えています。

パブロ・ピカソ

ピカソは20世紀初頭に、「青の時代」から「バラ色の時代」を経て、複数の視点を絵画に導入した「キュビスム」を創始し、絵画に革命を起こしました。

レオナール・フジタ
(藤田嗣治)

1913年に渡仏したフジタは、日本や東洋の絵画の支持体である紙や絹の優美な質感を、油絵で再現するため、乳白色の画肌と細い描線による独自のスタイルを築き、高い評価を得ました。

杉山寧

杉山は、色面構成のように抽象的なモティーフを組み合わせた背景に、細密に描写した花鳥を配置する独自の画風により、新しい日本画のあり方をきりひらいた画家です。

作品を探す

ジャンルで探す

作家名から探す

ポーラ美術館のコレクションの一部を掲載しています

作品の保存管理について詳しくはこちら

ポーラ美術館は、美術作品を収集し、貴重な文化財として永く保存するために、最適な保存環境を維持するよう努めております。