お知らせ

4月11日(火)発行の朝日新聞(夕刊)に、ポーラ美術館の記事が2つ掲載されました!

22歳の若さで夭折した画家・村山槐多の《湖水の女》が「美の履歴書」で紹介されています。本作品は、昭和までの化粧道具を、浮世絵や日本の洋画とともに展示する「よそおいの近代」展で展示しています。
また常設展を紹介する連載コラム「目利きのイチオシコレクション」では、印象派の作品を体系的にコレクションする美術館として、美術史家・木村泰司氏推薦でルノワール《レースの帽子の少女》とドガ《休息する二人の踊り子》が紹介されました!
http://www.asahi-mullion.com/column/article/mekiki/1931

朝日新聞(夕刊) 2017年(平成29年)4月11日(火) 承諾書番号(A17-0097)
※朝日新聞社に無断で転載することを禁止いたします

(PDF/1,228KB)