ポーラ美術館×ひろしま美術館 共同企画
印象派、記憶への旅

会期:2019年3月23日(土)-7月28日(日)

日本の2大印象派コレクションが集う。
東のポーラ美術館、西のひろしま美術館 コレクション一堂公開。

ひろしま美術館とポーラ美術館のコレクションは、西洋の近代美術の展開をたどるうえで、重要な画家の重要な作品を収集しています。とくに印象派絵画には優れた作品が数多くみられます。質、量共に充実した両館のコレクションは、戦後に形成されたフランス近代美術のコレクションとして国内外でも重要な位置を占めるものです。
19世紀のフランスでは、外交や政治、精神世界において世界がひろがりました。また、交通手段も発達し、移動が容易になったことで画家たちの描く世界も拡張していきました。画家たちは、旅で出合った風景や人々の姿を、ときには記録として、ときには記憶に基づいて描いています。
本展覧会は、両館のフランス印象派の風景画を中心に、ドラクロワやコローからピカソ、マティスまで73点の名品を選び、19世紀の画家たちの旅と記憶、都市や水辺の風景に向けられた画家たちの視線、風景の印象や移ろいゆく光の変化を留めたかたちや色彩の表現を探ります。また、最後のセクションでは、絵画にとどめられた画家の制作過程や技法の痕跡=記憶を、文献調査や最新の光学調査によって呼び覚まし、作品の新たな魅力としてご紹介いたします。

Gogh_Gleize

フィンセント・ファン・ゴッホ《ヴィゲラ運河にかかるグレーズ橋》1888年
油彩/カンヴァス 46.8 x 51.3 cm ポーラ美術館蔵

monet_seine

クロード・モネ《セーヌ河の朝》1897年
油彩/カンヴァス 82.0 x 93.5cm ひろしま美術館蔵