飯沼珠実ー建築の瞬間/momentary architecture

会期:2018年5月19日(土)-7月16日(月・祝)

ポーラ美術館では開館15周年を記念して、2017年10月に公益財団法人ポーラ美術振興財団の助成を受けた現代美術作家の活動を紹介する「アトリウム ギャラリー」を新設し、芸術表現と美術館の可能性を「ひらく」という趣旨の「HIRAKU PROJECT」を開始しました。
第4回目の展示として、飯沼珠実の個展、「建築の瞬間/momentary architecture」を開催いたします。

飯沼珠実は、建築やその周囲の空間を写真をとおしてとらえ、プリントやアーティストブックにその様相を表現してきました。
飯沼は建築を、無機質な物体ではなく、温度のある存在として考えています。こうした着想から、建造物の構造的な美しさに加えて、「建築」に漂う空気や記憶までをも表現した、洗練された写真作品を制作しています。
今回の展覧会では、飯沼が過去に撮影した作品に加え、強羅や仙石原といった箱根の地を新たに撮り下ろした作品を公開します。国内外の都市を撮影してきた飯沼が、箱根の地をテーマに「建築」の息づく空間と時間をとらえた作品をご紹介いたします。

iinuma3

《箱根強羅、仙石原》2018年 ©Tamami Iinuma