次回の企画展

ポーラ美術館開館15周年記念展
100点の名画でめぐる100年の旅

会期:2017年10月1日(日)-2018年3月11日(日)

2017年、ポーラ美術館は開館15周年を記念し、特別なコレクション展を開催いたします。
当館のコレクションには、19世紀から20世紀までの重要な画家の作品が、体系立って集められているという特徴があります。今回の展覧会では、およそ1万点を数えるコレクションのなかから、西洋絵画71点、日本の洋画29点を厳選いたしました。この100点をご覧頂くことで、西洋と日本の近代絵画の流れを追うことができます。
100点はどれもコレクションを代表する名作ばかり。ポーラ美術館始まって以来の贅沢なコレクション展です。

1モネ《睡蓮の池》リサイズ

クロード・モネ《睡蓮の池》1899年 油彩/カンヴァス

2ルノワール《レースの帽子の少女》リサイズ

ピエール・オーギュスト・ルノワール《レースの帽子の少女》1891年 油彩/カンヴァス

3マティス《リュート》リサイズ

アンリ・マティス《リュート》1943年 油彩/カンヴァス