エッフェル塔とトロカデロ宮殿の眺望 展示中

作家名
アンリ・ルソー
制作年
1896-1898年
技法・素材
油彩/カンヴァス
サイズ
49.7 x 65.5 cm

アンリ・ルソー 《エッフェル塔とトロカデロ宮殿の眺望》 1896-1898年

作品解説

本作品には、パリ万国博覧会に関するふたつの記念碑的な建造物が見られる。ひとつは1878年のパリ万博の主会場となったトロカデロ宮殿、そしてもうひとつは1889年のパリ万博の際に建設されたエッフェル塔である。トロカデロ宮殿は1937年に取り壊されたが、1909年に取り壊される予定であったエッフェル塔は、今もパリのシンボルとしてそびえ立っている。ロラン・バルトはこの塔を「大地と街を空に結ぶ、立った橋である」と述べているが、水平に伸びるアンヴァリッド橋と垂直方向に伸びたエッフェル塔は、近代の技術発展による世界と空間のひろがりを表わしているかのようである。 ルソーは、1889年のパリ万博の思い出を、ブルターニュ出身の田舎者のルボセック夫妻を主人公にした3幕の軽喜劇に著わし、劇場に持っていったが上演を断られたという。この劇中で、ルボセック氏はエッフェル塔を「でっかい梯子」と呼び、塔が「柵がいっぱいついた梯子でできているとは思わなかった」と述べている。ルソー自身もエッフェル塔に驚嘆し、万博会場の異国の展示物に熱狂した。ルソーは素朴な画家といわれるが、彼はその素朴さゆえに変貌するパリの風景や文明の産物を素直な目でとらえて描き、近代性を独自に表現している。彼の影響によってロベール・ドローネーはエッフェル塔を描きはじめ、ピカソはルソーの独特な表現を称賛した。(『アンリ・ルソー:パリの空の下で』図録、2010年)