Hiroko Nakajima – CONTINUUM|The constitutive elements of the world

September 18 sat, 2021 – March 30 (Wed), 2022

The “Hiraku Project” is conceived as a series of exhibitions introducing contemporary artworks by Pola Art Foundation Grant recipients. The exhibitions are to be held at the Atrium Gallery, recently established to celebrate the 15th anniversary of the Pola Museum of Art. “Hiraku” translates as ‘open,’ in the sense of ‘responsive to new possibilities.’ We are pleased to present Hiroko Nakajima – CONTINUUM|The constitutive elements of the world – as the 12th exhibition in our HIRAKU Project.

Hiroko Nakajima - CONTINUUM|The constitutive elements of the world

Hilbert curve, 2021 2021 Acrylic gouache on wood panels(8) 70 x 70cm(each), 140 x 280cm(overall)
©Hiroko NAKAJIMA Photo:Ken KATO

Waterscapes

September 11 (Sat), 2021 – March 30 (Wed), 2022
Exhibition room 5

Since ancient times, artists have depicted scenes related to water, which is a source of life and a powerful force of nature. When Claude Monet presented his Water Lilies series, he used the word “waterscapes” in the title of his solo exhibition. In addition to aptly describing the series, in which almost all of the works are dominated by the water’s surface, “waterscapes” are closely connected to Monet himself, an artist who continually painted scenes of water, including the Seine and his pond in Giverny, throughout his life.

Their works took a diverse range of expressions from close observations of waterscapes near a sea, river, or lake, and depictions of mystical landscapes, which were not actually real but inspired by the endlessly changing scenes, to studies of stories dealing with water.

In this exhibition, we introduce works related to water that were specially selected from the Pola Museum of Art Collection, including Western paintings, Japanese Western-style paintings, Japanese-style paintings and Glass works.

Monet was not the only artist who was attracted to water as a motif. The aspect of water as a fluid entity, which never maintains a single shape and assumes a variety of different expressions while reflecting natural light, served as a source of inspiration for many artists all over the world.


Claude Monet, The Pink Skiff
1890

Nakamura Tsune, By a Fountain
1920

Emile Gallé, Bowl with Water Nymph Design
1884-1889

「中嶋 浩子 CONTINUUM|この世界を構成するもの」

会期:2021年9月18日(土)~2022年3月30日(水)
場所:アトリウム ギャラリー

展覧会概要

ポーラ美術館は、開館15周年にあたる2017年に、現代美術作家の活動を紹介する「アトリウム ギャラリー」を新設し、芸術表現と美術館の可能性を「ひらく」という趣旨の展示「HIRAKU PROJECT」にて、公益財団法人ポーラ美術振興財団の助成を受けた作家を紹介しています。
第12回目となる今回は、この世界を独自に解釈し、幾何学的連続模様(パターンデザイン)を用いて空間を再構成して表現するアーティスト、中嶋浩子をご紹介します。

CONTINUUM_DM_FINAL_0609

中嶋浩子《Hilbert curve》2021
© Hiroko NAKAJIMA

中嶋浩子は、これまで幾何学的連続模様(パターンデザイン)を制作してきました。連続的な自然現象や何らかの条件下で起こる事象を、数学的公理や概念から生まれる人工的な幾何学的形態を用いて再構築し、「CONTINUUM:連続体」として表現しています。それらのすべてが理論に還元されるわけではなく、幾何学的な厳密さと感覚のリズムを重ねることで、中嶋は独自の新たな視覚表現を創り上げています。

「CONTINUUM | この世界を構成するもの」という今回の展覧会のタイトルは、中嶋自身が幼少期から漠然と抱いてきた、「この世界を構成しているものとはなんだろう?」という問いに由来します。そしてこの問いを制作のコンセプトとしてきた中嶋は、「見えないけれど、確かに在る連続する世界(空間)」を証明するものの一つとして、数学の空間充填曲線を空間に展開した作品にたどり着きました。

本展では、開放的な展示空間の全体を線の連続からなる模様で充填し、規則的かつ感覚的に構成された「連続する形」を、新作インスタレーションとして発表します。線の模様に加えて、この展示空間の所々には、形、色、線などによって表現された連続体の一部をクローズアップした平面作品と立体作品が、別の次元を行き来しながら連続を構成するための要素(ピース)として挿入されます。この世界を独自に解釈し、空間として再構成する中嶋浩子の作品を体験してください。

作家プロフィール

中嶋 浩子(なかじま ひろこ)
東京都生まれ。武蔵野美術大学造形学部工芸工業デザイン学科テキスタイルデザイン専攻卒業。幾何学的形態や文字をシンボル化し、「連続する形(模様)」を中心に制作。2014年より公益財団法人ポーラ美術振興財団若手芸術家在外研修員として、ゲッティンゲン大学数理科学研究科(ドイツ)、フィンランド自然史博物館(フィンランド)にて研修。以降、公益財団法人野村財団在外研修員(美術)での研究滞在を経て、東京を拠点に活動を展開している。国内外での展示、テキスタイルデザインシリーズ、 日本語オノマトペを図形化し連続模様にした〈ONOMATOPÉE〉 、建築家とのプロジェクト「建築現場をオノマトペで覆う |Cover the construction wall with the onomatopoeia patterns」等を通じ、アート、デザイン、建築など、領域を横断して「連続する世界」をテーマとしている。ドイツでの数学研修において、「見えない部分を構成するもの」を概念数学の世界に見たことで、近年では、模様の工学的研究の他、様々なメディウムでの作品制作に取り組み独自の世界を展開している。
【作家ウェブサイト】https://www.nakajimah.com/

pola2021_HP_portrait_nakajima

Roni Horn: When You See Your Reflection in Water, Do You Recognize the Water in You?

Dates: Sat., September 18, 2021 – Wed., March 30, 2022
Venue: Pola Museum of Art, Galleries 1 and 2

The Pola Museum of Art is pleased to present a solo exhibition of the work of Roni Horn, one of the most prominent American artists working today. This will be her first solo exhibition at a museum in Japan.

The exhibition will be an in-depth survey of the artist’s practice spanning over 40 years , from the 1980s to the present, including the glass sculptures which are among her most prominent works of recent years, exploring a multifaceted body of work that can be as sharp and solid as ice, as humorous and ever-changing as clouds, and as fluid and open to interpretation as water.

Profile of Roni Horn

Roni Horn (b. 1955) lives and works in New York City. She is known for conceptual works in a variety of media including photography, sculpture, drawing, and books. Since 1975 she has traveled frequently and extensively in Iceland, seeking out rugged scenery in remote outlying areas. The solitude Horn experiences during these journeys has had a significant influence on her life and work.

She has had many major solo exhibitions, at venues including the Centre Pompidou (Paris, 2003), Tate Modern (London, 2009), the Whitney Museum of American Art (New York, 2009-2010), Fondation Beyeler (Riehen, Switzerland, 2016 and 2020), and Glenstone Museum (Potomac, USA, 2021).

Well and Truly, 2009-2010 Cast glass, set of 10 Private collection Installation view: Well and Truly, Kunsthaus Bregenz (Austria), 2010 Photo by Stefan Altenburger © Roni Horn

Well and Truly, 2009-2010 Cast glass, set of 10 Private collection
Installation view: Well and Truly, Kunsthaus Bregenz (Austria), 2010
Photo by Stefan Altenburger   © Roni Horn

「ロニ・ホーン」展(仮称)

会 期:2021年9月18日(土)~2022年3月30日(水)
会 場:展示室1,2

本展は、国内の美術館におけるロニ・ホーンの初個展となるとともに、2002年の開館以来、ポーラ美術館における大型企画展としては初めて、同時代の作家を単独で取り上げる機会となります。

写真、彫刻、ドローイング、本など、ロニ・ホーンの作品の形式は多岐にわたります。テムズ河の水面を切り取った写真のシリーズや、6週間にわたりアイスランドの温泉で女性の表情の微妙な変化を記録したポートレート、島の地図をモチーフにしたドローイング、水鏡を思わせるガラスの彫刻など、作品の多くは自然と密接に結びつき、ユーモアを含みながら、極めてシンプルに削ぎ落された形式で展開されています。自然に包まれたポーラ美術館の展示室のなかで、彼女の作品たちはどのような佇まいを見せるでしょうか?

本展では、近年の代表作であるガラスの彫刻作品をはじめ、1980年代から今日に至るまでの、約40年間におよぶ実践の数々を紹介いたします。

《Well and Truly》2009-2010年 10点組、鋳造ガラス 個人蔵 展示風景:「Well and Truly」ブレゲンツ美術館(オーストリア)2010年 Photo: Stefan Altenburger © Roni Horn

《Well and Truly》2009-2010年 10点組、鋳造ガラス 個人蔵
展示風景:「Well and Truly」ブレゲンツ美術館(オーストリア)2010年 Photo: Stefan Altenburger © Roni Horn

作家プロフィール

ロニ・ホーン(Roni Horn)

1955年生まれ、ニューヨーク在住。写真、彫刻、ドローイング、本など多様なメディアでコンセプチュアルな作品を制作。1975年から今日まで継続して、人里離れた辺境の風景を求めてアイスランド中をくまなく旅してきた。この中で経験した「孤独」は、彼女の人生と作品に大きな影響を与えている。
近年の主な個展は、ポンピドゥー・センター(パリ、2003年)、テート・モダン(ロンドン、2009年)、ホイットニー美術館(ニューヨーク、2009-2010年)、バイエラー財団(リーエン、スイス、2016年、2020年)、グレンストーン美術館(ポトマック、アメリカ、2021年)などで開催。

Masterpieces of the Pola Museum of Art

Apr. 17(Sat), 2021 - Sep. 5(Sun), 2021
Exhibition room 4

French paintings from the late 19th and early 20th centuries form the core of the Pola Museum of Art collection. The Museum also holds a formidable collection of oil paintings by Japanese artists spanning from the Meiji (1868-1912) through the Showa period (1926 – 1989).

Held in tandem with Foujita: Explorations in Color, this exhibition presents paintings by avant-garde artists such as Modigliani and Picasso who were contemporaries of Foujita and greatly influenced him in early 20th century Paris. Featuring as well paintings by Japanese artists such as Oka Shikanosuke and Ebihara Kinosuke, the exhibition also explores artistic expression by Japanese painters who admired Foujita and were active in Paris after him.

This exhibition also introduces a selection of masterpiece modern French paintings from the collection by artists such as Cézanne and Matisse.


Oka Shikanosuke Canal
1927

Amedeo Modigliani
Portrait of Lunia Czechowska
1917 

Henri Matisse The Lute
1943

Raphaël Collin and Kuroda Seiki: 120 Year Reunion

Apr. 17(Sat), 2021 - Mar. 30(Wed), 2022
Exhibition room 2

Kuroda Seiki (1866-1924) is considered the doyen of Japanese Western-style painting. He acquired his oil painting skills in France as a student of Academic painter Raphaël Collin (1850-1916). It is assumed that Kuroda, on a second visit to France in 1900, saw his former teacher’s painting The Sleeping and was powerfully impressed by its nude image. The composition of Kuroda’s The Fields, painted after his return to Japan, is very similar to that of The Sleeping.

The Sleeping was regarded an important influence on Kuroda’s painting, but it had not been seen for many years because its location was unknown. Recently discovered in Paris, Collin’s painting will be shown for the first time in 120 years. Moreover, the placement of Kuroda’s The Fields side by side with Collin’s The Sleeping, the painting that inspired it, reveals Kuroda’s originality in creating his groundbreaking work of Japanese nude expression.


Raphael Collin The Sleeping (Le Sommeil)
1892 Fondation des Artistes © Fondation des Artistes / Raphaële Kriegel

Kuroda Seiki The Fields
1907

Okada Saburosuke
Nude Woman Standing at the Water's Edge
1931

ポーラ美術館の名作絵画

会 期:2021年4月17日(土)~ 2021年9月5日(日)
会 場:展示室2

ポーラ美術館のコレクションの中心をなすのは、19世紀後半から20世紀前半に生み出されたフランス近代絵画です。また、明治から昭和期の日本人によって描かれた油彩画も多数収蔵しています。

今回は、企画展「フジタ―色彩への旅」にちなみ、フジタが留学先のパリで出会い、大きな影響を受けたピカソやモディリアーニなど、フジタと同じく20世紀初頭のヨーロッパで活躍した前衛的な芸術家たちの作品をご覧いただきます。また、フジタを慕い、フランスで活躍した岡鹿之助や海老原喜之助など、画家を志す若き日本人が描いた作品により、フジタに続く日本人の表現を探ります。

さらに、セザンヌやマティスなど、フランス近代絵画のコレクションから選りすぐりの名品をご紹介します。


岡鹿之助 《掘割》
1927年(昭和2)

アメデオ・モディリアーニ
《ルニア・チェホフスカの肖像》
1917年 

アンリ・マティス 《リュート》
1943年

ラファエル・コランと黒田清輝―120年目の邂逅

会 期:2021年4月17日(土)~2022年3月30日(水)
会 場:展示室4

「日本近代洋画の父」と称される黒田清輝(1866-1924)は、留学先のフランスでアカデミスムの画家ラファエル・コラン(1850-1916)に師事し、油彩画の素養を身に付けました。1900年(明治33)に二度目の渡仏を果たした黒田は、かつての師コランの描いた一枚の絵を目にしたと考えられています。《眠り》と題されたこの裸婦像は、黒田によほど強い印象を与えたのでしょう。帰国後に、黒田は《眠り》とよく似た構図の《野辺》を手がけました。

黒田に大きな影響を与えた作品として、《眠り》は日本で重要視されてきましたが、長年所在が不明でした。数年前、パリ市内で発見され、この度120年ぶりに公開されるとともに、弟子である黒田の作品との邂逅を果たしました。本展では、コランの作品を起点に、黒田が日本における裸婦像の代表作《野辺》で試みた創意工夫をひもときます。


ラファエル・コラン 《眠り》1892年 芸術家財団、パリ          ©Fondation des Artistes / Raphaële Kriegel

黒田清輝 《野辺》
1907年(明治40)

岡田三郎助
《裸婦―水辺に立てる》
1931年(昭和6)

岡田杏里「Soñar dentro de la tierra / 土の中で夢をみる」展

会期:2021年4月17日(日)~2021年9月5日(日)
場所:アトリウム ギャラリー

展覧会概要

ポーラ美術館は、開館15周年にあたる2017年に公益財団法人ポーラ美術振興財団の助成を受けた現代美術作家の活動を紹介する「アトリウム ギャラリー」を新設し、芸術表現と美術館の可能性を「ひらく」という趣旨の「HIRAKU PROJECT」をおこなっております。

本展の目玉となるのは、縦75.0×横75.0 cm のカンヴァスを33点ほど組み合わて実現される、壁画のインスタレーションです。およそ縦3.0×横10.0 mもの大きさに及ぶこの壁画では、メキシコの地で培われた想像上の森を舞台として、植物や生物、そして人間の形象が交錯します。

風土や環境、すなわち自然と生命との関係をめぐるテーマは、岡田がこれまで主たる関心のもとに追求してきたものです。「土の中で夢をみる(= Soñar dentro de la tierra)」という展覧会のタイトルは、先史時代から育まれた豊かな文化の残るメキシコでの滞在を通じて、作家自身のテーマが迎えた新たな展開を示しています。

本展では、メキシコで制作された最新の33点の作品によるインスタレーションを中心に、他の絵画作品や立体作品なども合わせてご紹介します。

《Soñar dentro de la tierra》 2021年、アクリル/カンヴァス、45cm x 106.7cm、作家蔵

《Soñar dentro de la tierra》 2021年、アクリル/カンヴァス、45cm x 106.7cm、作家蔵 ©Anri Okada

作家プロフィール

岡田 杏里(おかだ・あんり)
1989年埼⽟県生まれ。2016年に東京藝術大学大学院美術研究科を卒業。2014年⽯橋財団国際交流油画奨学生としてメキシコ、グアテマラへの留学や、2016年ポーラ美術振興財団在外研修員として、ベラクルス州立大学美術研究所(メキシコ)での研修を経て、2019年からはメキシコ国立自治大学UMAMに留学、以降日本とメキシコを拠点に活動。国内外での個展、グループ展、滞在制作の他、2014年以降は壁画アートプロジェクト「ヘキカキカク」を通じてメキシコ、グアテラマ、ネパールなど世界各国でパブリックアートとしての壁画を制作するなど、多方面で活躍をみせる。
【作家ウェブサイト】https://anriokada.wixsite.com/anri-okada

Okada_Anri

Anri Okada-Soñar dentro de la tierra

Apr. 17(Sun), 2021 - Sep 5(Sun), 2021

The “Hiraku Project” is conceived as a series of exhibitions introducing contemporary artworks by Pola Art Foundation Grant recipients. The exhibitions are to be held at the Atrium Gallery, recently established to celebrate the 15th anniversary of the Pola Museum of Art. “Hiraku” translates as ‘open,’ in the sense of ‘responsive to new possibilities.’ We are pleased to present Anri Okada -Soñar dentro de la tierra- as the 11th exhibition in our HIRAKU Project.

《Soñar dentro de la tierra》 2021 acrylic/canvas 45cm x 106.7cm Collection of the artist ©Anri Okada

《Soñar dentro de la tierra》 2021 acrylic/canvas 45cm x 106.7cm Collection of the artist ©Anri Okada

Foujita: Explorations in color

Date: Apr. 17(Sat), 2021 - Sept. 5(Sun), 2021

Léonard Foujita (Fujita Tsuguharu, 1886-1968) traveled to France in 1913 at the age of 26 with the intention of becoming a world-class painter. He sought inspiration in the scenery and people, history and customs of a foreign land. Painting French models in the 1920s, he established his signature ‘milky white skin' painting and became the darling of the Paris art scene at the time. Traveling later, he would develop new motifs and compositions marked by a rich color palette.

After a brief return to Japan in 1929, Foujita sojourned in South, Central, and North America before again crossing the Pacific Ocean to come back once to Japan where he traveled the length of the country from Tohoku to Okinawa. He then spent time in China and Southeast Asia. In 1949, he moved to New York. The world of his travels was his studio.

This exhibition focuses on Foujita's travel and use of color, and the development of his painting as his life journey.

Photo by Léonard Foujita, 1931, Maison-Atelier Foujita

Photo by  Madeleine Lequeux, Portrait of Foujita, 1931, Maison-Atelier Foujita

Léonard Foujita, Madeleine in Mexico, 1934

Léonard Foujita, Madeleine in Mexico, 1934,
The National Museum of Modern Art, Kyoto

Léonard Foujita, Homage to La Fontaine, 1949, Pola Museum of Art

Léonard Foujita, Homage to La Fontaine, 1949, Pola Museum of Art
©Fondation Foujita / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2020 B0500

Monet: In The Light (Exhibition Design: Hideyuki Nakayama)

Date: Sat., April 17, 2021 to Wed., March 30 2022

Support: Maruhachi Tent Co., Ltd., ENDO Lighting Corp., ARTERIOR Co., Ltd.

In association with: Embassy of France / Institut français du Japon

Exhibition cooperation: Hideyuki Nakayama Architecture, Izumi Okayasu Lighting Design Office

Claude Monet was one of the preeminent Impressionist painters. The Pola Museum of Art houses 19 of the artist's works, more than any other institution in Japan. In the late 19th century, after moving from place to place along the Seine River basin, Monet arrived at what would be his final abode, located in Giverny on the outskirts of Paris. He continually painted landscapes all over France as well as travel destinations such as London and Venice. Throughout his career, Monet pursued the changing light, which conveys a wide variety of expressions depending on the season and time.
In this exhibition, we present a wealth of masterpieces from the museum collection, including Rouen Cathedral (1892) and Water Lily Pond (1899). The innovative display space, designed by the up-and-coming architect Hideyuki Nakayama, attempts to discover new allure in Monet's works.

Hideyuki Nakayama Architect

Born in Fukuoka Prefecture in 1972. Graduated from the Department of Architecture at Tokyo University of the Arts in 1998 before completing a master's course at the same school in 2000. After working at Toyo Ito & Associates, Architects, Nakayama established his own firm, Hideyuki Nakayama Architecture, in 2007. Since 2014, he has served as an associate professor at Tokyo University of the Arts. Major works include 2004, O House, Y Building, Y House, House and Road, Stone Island's Stone, Curves and Chords, mitosaya botanical distillery, and Printmaking Studio / Frans Masereel Centrum (collaboration with LIST). Major awards include the SD Review 2004 Kajima Prize (2004), 23th Yoshioka Award (2007), Red Dot Design Award (2014), and the Japan Institute of Architects (JIA) Newcomer's Award (2019).

Claude Monet, Rouen Cathedral

Claude Monet, Rouen Cathedral,, 1892

Claude Monet, Water Lily Pond

Claude Monet, Water Lily Pond, 1899

モネ-光のなかに 会場構成:中山英之

会 期:2021年4月17日(土)~2022年3月30日(水)

協 力:協力:株式会社丸八テント商会、株式会社 遠藤照明、(株)アーテリア

後 援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本

企画協力:株式会社中山英之建築設計事務所、株式会社岡安泉照明設計事務所

印象派を代表する画家クロード・モネ。ポーラ美術館は、国内最多の19点に及ぶモネ作品を収蔵しています。19世紀後半、セーヌ流域を転々と移り住み、やがてパリ郊外のジヴェルニーを終の棲家としたモネは、フランスの各地で、そしてロンドンやヴェネツィアといった旅先で、風景を描き続けました。季節や時間によって異なる表情を見せる、移ろいゆく光を生涯追い続けたのです。
本展示では、《ルーアン大聖堂》(1892年)や《睡蓮の池》(1899年)など、ポーラ美術館のコレクションから名品の数々をご紹介いたします。気鋭の建築家・中山英之が会場デザインを手がける斬新な展示空間のなかで、モネ作品の新たな魅力に迫る試みです。

中山 英之(なかやま ひでゆき) 建築家

1972年福岡県生まれ。1998年東京藝術大学建築学科卒業。2000年同大学院修士課程修了。伊東豊雄建築設計事務所勤務を経て、2007年に中山英之建築設計事務所を設立。2014年より東京藝術大学准教授。主な作品に「2004」、「O 邸」、「Yビル」、「Y邸」、「家と道」、「石の島の石」、「弦と弧」、「mitosaya薬草園蒸留所」、「Printmaking Studio/ Frans Masereel Centrum」(LISTと協働)。主な受賞にSD Review 2004 鹿島賞(2004年)、第23回吉岡賞(2007年)、Red Dot Design Award(2014年)、JIA新人賞(2019年)。

クロード・モネ 《ルーアン大聖堂》

クロード・モネ 《ルーアン大聖堂》 1892年

クロード・モネ 《睡蓮の池》

クロード・モネ 《睡蓮の池》 1899年

フジター色彩への旅

会 期:2021年4月17日(土)~ 2021年9月5日(日)

開催概要

世界的な画家になること夢みて1913年、26歳で渡仏したレオナール・フジタ(藤田嗣治、1886-1968)は、旅することによってその土地の風景や人物、異国の歴史や風俗などに創作のインスピレーションを求めました。1920年代にパリの女性をモデルに「乳白色の肌」を完成させ、パリ画壇の寵児となったフジタは、その後、旅によってあらたなモティーフや群像表現のための構図と、豊かな色彩による表現手法を開拓していきます。
1929年の一時帰国の後、パリを離れて南米へと旅立ったフジタは、中米から北米へと移動し、太平洋を渡って再び日本へとたどり着きました。東北や沖縄をはじめとする日本各地、そして日本が進出した中国大陸や東南アジアへと移動をつづけ、1949年にニューヨークに渡るまでは、旅先こそがフジタのアトリエでした。
本展では、フジタの旅と色彩に焦点をあて、フジタの画業の展開と生涯の旅路をあらためてご紹介します。

レオナール・フジタ(藤田嗣治) 撮影 1931年
マドレーヌ・ルクー《フジタの肖像》1931年
メゾン=アトリエ・フジタ

レオナール・フジタ(藤田嗣治) 《メキシコに於けるマドレーヌ》

レオナール・フジタ(藤田嗣治) 《メキシコに於けるマドレーヌ》 1934年 京都国立近代美術館

レオナール・フジタ(藤田嗣治) 《ラ・フォンテーヌ頌》

レオナール・フジタ(藤田嗣治) 《ラ・フォンテーヌ頌》 1949年 ポーラ美術館
©Fondation Foujita / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2020 B0500

Masterpieces of Painting from the Pola Museum of Art

Nov. 14(Sat), 2020 - Apr. 4(Sun), 2021

The Pola Museum of Art's collection of paintings enables the viewer to trace the evolution of art through a wealth of high-quality works stretching from 19th-century Impressionism to 20th-century abstract art. In this permanent exhibition, we examine some intriguing characteristics of these masterpieces by focusing on two aspects: form and color. In Section I, by comparing painting to the three-dimensional medium of sculpture, we shed light on features of paintings that are related to form. As we compare these two genres, we are also reminded that the use of color is one of painting's unique expressive techniques. Enchanted by color, painters closely observe its effects as they polish their skills day after day, eventually arriving at their own singular means of expression. In Section II, we look at some of the most prominent artists who are known for their original approach to color from a variety of perspectives.

Auguste Rodin, Bust of Mme Nathalie de Goloubeff

Auguste Rodin,
Bust of Mme Nathalie de Goloubeff, ca. 1905, Marble

Edgar Degas, Spanish Dance

Edgar Degas, Spanish Dance,
ca. 1885-1890, Bronze

Pierre Auguste Renoir, Girl in a Lace Hat

Pierre Auguste Renoir,
Girl in a Lace Hat, 1891, Oil on canvas

Edgar Degas, Dancers

Edgar Degas, Dancers,
ca. 1900-1905, Pastel on paper mounted on cardboard

Color and Phenomenon

Color has the power to affect us on an emotional level. The human perception of color is a wholly physical phenomenon based on different wavelength characteristics that emerge when light is reflected by an object. However, like a natural landscape that changes with the seasons or an abundant fruit harvest, bright colors in a painting bring us joy, and dark colors convey a sense of loneliness and profound spirituality. By creating pictures through the ingenious use of color (contrasting and mixing colors, etc.), painters express fantastic subjects, lyrical scenes, robust compositions, and an abundance of dynamism. The colors in a painting are much more than a simple physical phenomenon – they might even be seen as a message from the artist. In this display, we spotlight the exploration of color as seen in paintings from the Pola Museum of Art collection. We hope that you will enjoy the artists' inquiries and challenging approaches to color expression.

Odilon Redon, Flowers in a Japanese Vase

Odilon Redon,
Flowers in a Japanese Vase, 1908, Oil on canvas

Georges Seurat, Low Tide at Grandcamp

Georges Seurat,
Low Tide at Grandcamp, 1885, Oil on canvas

Classical Revival and Modern Japanese Ceramics

Nov. 14(Sat), 2020 - Apr. 4(Sun), 2021 Exhibition room 5
The re-creation in modern times of historically venerated ceramic traditions is known as classical revival. Song Dynasty celadon and Ming Dynasty red overglaze ceramics that had been highly admired by Chinese aristocrats and literati, and Shino, Oribe, and Bizen wares favored by Japanese tea masters during the Momoyama Period inspired new expression among modern Japanese potters. Their interaction with traditional ceramics opened new possibilities for expression, resulting in new works of beauty that surpassed models from the past. Much more than an achievement of highly skilled technique, classical revival works reflect the transmission of aesthetics that have resonated with the Japanese people through the ages to the 21st century. The exhibition introduces approximately 60 ceramic works from the collection, crafted by Kitaoji Rosanjin, Kato Hajime, Okabe Mineo, Arakawa Toyozo, Kaneshige Toyo and others.

Okabe Mineo: Tea bowl, celadon

Okabe Mineo, Tea bowl, celadon, ca. 1966, Photo by Omi Shigeharu

Kato Hajime: Ornamental pot in peacock and rose-and-peony design, gold leaves on overglaze yellowish-green enamel

Kato Hajime,Ornamental pot in peacock and rose-and-peony design, gold leaves on overglaze yellowish-green enamel,1968

2011_ceramics_3

Kuwata Takuro, Tea bowl, 2017
© Kuwata Takuro, Photo by Kioku Keizo

Connections―海を越える憧れ、日本とフランスの150年

会 期:2020年11月14日(土)~2021年4月4日(日)

開催概要

19世紀後半から20世紀初頭にかけて、日本の浮世絵や工芸品は欧米の芸術に大きな刺激を与え、クロード・モネ(1840-1926)やフィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)など近代を代表する芸術家たちの重要なインスピレーション源となりました。フランスを中心として巻き起こったこの“ジャポニスム”は、欧米のデザインや、伝統を重んじるアカデミックな芸術界にまで広範な影響を及ぼします。時を同じくして、開国を機に欧化政策を進める日本では、黒田清輝(1866-1924)をはじめとする多くの学生たちがフランスへ留学し、彼らが現地で学んだ美術はその後の近代日本美術の礎となっていったのです。また、萬鉄五郎(1885-1927)や岸田劉生(1891-1929)といった大正期の個性的な画家たちの中には、ヨーロッパ留学が叶わないながらも、雑誌や画集を通してフランス美術に対する憧れと情熱をふくらませていった若者が大勢いました。文芸雑誌『白樺』などによって拍車がかかるゴッホの神格化、帰朝者の前衛的な作品による衝撃など、まだ見ぬ異国への憧憬は芸術家たちの想像力をますますかき立てていったのです。
近代化の進む激動の時代、日本とフランスという2つの国は、それぞれに新しい美の基準や感性を模索する上で、互いに必要不可欠な存在であったといえます。本展覧会は、大量のモノや情報、そして人の往来が可能となった時代に、長い歴史の中で培われてきた双方の芸術が織りなした「美の往還」を検証する試みです。また、異文化に対する憧れや好奇心によって生み出された幻想や、ある種のズレにも着目し、国際的に活躍する現代アーティストの作品を通して、異文化理解の本質や魅力にも迫ります。

h288モネ_ヴァランジュヴィルの風景_1882年

クロード・モネ《ヴァランジュヴィルの風景》 1882年
ポーラ美術館

h288山口晃_新東都名所「芝の大塔」_2014年_ミヅマアートギャラリー

山口晃《新東都名所 「芝の大塔」》 2014年(平成26)
ミヅマアートギャラリー
©YAMAGUCHI Akira,Courtesy of Mizuma Art Gallery

h288黒田清輝_野辺_1907年

黒田清輝《野辺》 1907年(明治40)
ポーラ美術館

h299森村泰昌_肖像(ヴァン・ゴッホ)_1985年_高松市美術館

森村泰昌《肖像(ファン・ゴッホ)》
1985年(昭和60) 高松市美術館

h299ゴッホ_ヴィゲラ運河にかかるグレーズ橋_1888年

フィンセント・ファン・ゴッホ
《ヴィゲラ運河にかかるグレーズ橋》
1888年 ポーラ美術館

h299セザンヌ_砂糖壺、梨とテーブルクロス_1893-1894年

ポール・セザンヌ《砂糖壺、梨とテーブルクロス》 1893-1894年
ポーラ美術館

近代陶芸 陶芸家たちの古典復興

会 期:2020年11月14日(土)~2021年9月5日(日) *展示替えのため臨時休館あり
会 場:展示室5

古くから愛されてきた古陶磁に強い憧れを抱き、その再生に挑む陶芸家の取り組みのことを古典復興と呼んでいます。中国の王侯貴族や文人に愛された宋代の青磁や明代の赤絵、日本の桃山時代の茶人に愛された志野や織部や備前などは、現代の陶芸家たちにとって憧れの目標であるとともに、新たな表現を生みだす美の源泉ともなってきました。古陶磁が見せる美に迫ろうとするなかから新しい表現の可能性が見出され、古作を超えるような美しい作品が生まれることになるのです。
古典復興に取り組んだ陶芸家の作品には、たんに高い技術に裏打ちされた表現がみられるだけではありません。そこには、21世紀を生きる現代の私たちにまで、脈々と受け継がれてきた日本人の美意識が反映されているのであり、時代を超えて人々の心に響く、昔も今も変わらない美しさがあるのです。
当館のコレクションの中から、北大路魯山人、加藤土師萌、岡部嶺男、荒川豊蔵、金重陶陽など約60点を展示します。

岡部嶺男 《粉青瓷盌》

岡部嶺男 《粉青瓷盌》 1966年頃 Photo by Omi Shigeharu

加藤土師萌 《萌葱金襴手孔雀牡丹文飾壺》

加藤土師萌 《萌葱金襴手孔雀牡丹文飾壺》 1968年

桑田卓郎 《茶垸》

桑田卓郎 《茶垸》 2017年 個人蔵(特別出品)
© Kuwata Takuro, Photo by Kioku Keizo

コレクション企画

ポーラ美術館の名作絵画

会 期:2020年11月14日(土)~2021年4月4日(日)*臨時休館あり
会 場:展示室2

 

ポーラ美術館の絵画コレクションは、19世紀の印象派絵画から20世紀の抽象絵画に至るまで、質の高い作品によって美術の展開を辿ることができます。今回の常設展示では、「かたち」と「色彩」という二つの観点から、名作絵画の興味深い特徴を繙いていきます。第一のセクションでは、立体である彫刻作品との比較を通じて、あらためて名作絵画の「かたち」にまつわる特徴を浮き彫りとしていきます。彫刻と絵画を比較した際に、絵画独自の表現方法として挙げられるのが、色彩の使用です。「色彩」に魅了された画家たちは、日々の鍛錬の中でその効果を細やかに検証しながら、自らの独創的な表現に辿り着きました。第二のセクションでは、独自の色彩表現に取り組んだ代表的な作家たちを、さまざまな角度からご紹介します。

オーギュスト・ロダン 《ナタリー・ド・ゴルベフの肖像》 1905年頃 大理石

オーギュスト・ロダン
《ナタリー・ド・ゴルベフの肖像》 1905年頃 大理石

エドガー・ドガ 《スパニッシュ・ダンス》 1885-1890年頃 ブロンズ

エドガー・ドガ
《スパニッシュ・ダンス》 1885-1890年頃 ブロンズ

ピエール・オーギュスト・ルノワール 《レースの帽子の少女》 1891年 油彩/カンヴァス

ピエール・オーギュスト・ルノワール
《レースの帽子の少女》 1891年 油彩/カンヴァス

エドガー・ドガ 《踊り子たち》 1900-1905年頃 パステル/紙(厚紙に貼付)

エドガー・ドガ
《踊り子たち》 1900-1905年頃 パステル/紙(厚紙に貼付)

色彩と現象

色彩には私たちの心を動かす力があります。人間の知覚する色とは、物体にあたった光が反射するときの波長の特性のちがいという物理学的な現象にすぎません。しかし、四季折々に移り変わる自然の風景や、豊かに実る果実のように、絵画においても明るい色遣いの作品は気持ちを楽しくさせ、暗い色の絵画は寂しさや深い精神性を感じさせます。画家たちは対比や混色など、色彩を巧みに用いて画面を作り上げ、幻想的な主題や抒情的な場面、堅牢な構図やあふれる躍動感を表現してきました。絵画作品において用いられる色彩とは、単なる物理学的な現象を越えた、作家からのメッセージと言えるでしょう。このセクションでは、ポーラ美術館の絵画コレクションに、色彩の探究という側面から光を当てます。画家たちによる色彩表現への探究と挑戦をお楽しみください。

オディロン・ルドン 《日本風の花瓶》 1908年 油彩/カンヴァス

オディロン・ルドン
《日本風の花瓶》 1908年 油彩/カンヴァス

ジョルジュ・スーラ 《グランカンの干潮》 1885年 油彩/カンヴァス

ジョルジュ・スーラ
《グランカンの干潮》 1885年 油彩/カンヴァス