フクシャ文花器

作家名
ドーム兄弟
制作年
1900年代
サイズ
高50.8 径12.5 cm

ドーム兄弟 《フクシャ文花器》 1900年代

作品解説

青と白を練り込んだ透明地にエッチングでフクシャを彫刻、エナメル彩と金彩で細部を描いている。当時のナンシーは園芸が盛んで、特にフクシャに関してはヨーロッパにおける品種改良の中心地として有名であった。(『名作選』 2007)