スミレ文花器

作家名
ドーム兄弟
制作年
1900年代
サイズ
高56.0 径16.0 cm

ドーム兄弟 《スミレ文花器》 1900年代

作品解説

透明地に白と紫を練り込んだ素地にエッチングの彫刻を施し、エナメル彩と金彩でスミレのモティーフを描いている。器の下部に金彩で抽象的な曲線がからまる文様を描くのはドームがしばしば使った手法で、自然主義的描写と人工的な連続文様の折衷が面白い。同じ装飾を持つ大小さまざまな形状のガラス器がある。(『名作選』 2007)