シュルレアリスムと絵画 ―ダリ、エルンストと日本の「シュール」。2019年12月15日(日曜日)から2020年4月5日(日曜日)まで

学ぶシュルレアリスム

[ 2019/11/18 ]

《用語解説》グラッタージュ(削り出し)

フランス語で「引っ掻くこと、削り取ること」を意味する絵画の技法。エルンストがフロッタージュの原理を油彩等に応用して考案したとされている。

手順としては、
まず何種類かの絵の具をカンヴァスの上に層状に塗り重ね、
それらがまだ乾かないうちに、そのカンヴァスを凹凸のある物体の上にのせる。
この状態のままパレットナイフで絵具層を削ると、地塗層が現れるとともに物体の模様が写し出される。
写し出されたイメージを活かして、さらに想像力を働かせ絵具を塗り重ねて絵画作品を完成させていく。

o-18_01

エルンストは、フロッタージュの発案とほぼ同時にグラッタージュの実践を開始し、この技法による油彩画を多く描いた。この作品《貝の花》のようなグワッシュによるマットな質感を特徴とする作品も残している。