プレスリリース

「FOREST MUSEUM 2019」開催ー箱根の森の美術館で、素敵なアウトドア体験を!

ポーラ美術館(神奈川県・箱根町)は、第3回目となる、美術館の敷地である富士箱根伊豆国立公園の森で宿泊キャンプが体験できるアウトドアイベント「FOREST MUSEUM 2019」を、9月7日(土)、8日(日)の1泊2日で開催します。美術館の敷地のなかでテント泊ができるだけでなく、ハンモックや読書、夜の美術館での貸切ギャラリートーク、野外映画上映など、自然とアートを両方楽しめるプログラムが満載のイベントです。

また、今年は初めて、参加者の皆さまが一体となりアート作品を創り上げるワークショップを行います。このワークショップは、ペンライトで絵を描くことでアニメーションをつくるアーティスト・TOCHKA(トーチカ)によるもので、アート作品に参加できる希少な体験となります。さらに、ミュージシャン・タカハシペチカが映像に欠かせないBGM音楽をその場で制作。「PiKAPiKA☆ポーラ美術館2019」と題するこのワークショップの作品は、当日の夜、野外映画のスクリーンで上映いたします。

かつて画家たちは、室内から戸外へとキャンバスを持ち出し、“印象派”という新しい絵画の扉を開きました。光と色彩と空気にあふれた「FOREST MUSEUM 2019」で、新しい体験の扉を開けてみましょう!

下記をクリックいただくとリリースがご覧いただけます。
「FOREST MUSEUM 2019」 開催日:2019年9月7日(土)~9月8日(日)

(PDF/1,764KB)