お知らせ

ガリ版でオリジナルドレスを描こう

企画展「Modern Beauty フランスの絵画と化粧道具、ファッションにみる美の近代」にちなみ、
ガリ版であなただけのドレスの図柄を描いていただけるワークショップを開催いたします。
講師にアーティストの水口菜津子氏を迎え、ガリ版の作り方、歴史を学びながらガリ版の魅力に触れられます。
手順をわかりやすく説明しますので、大人から子どもまで楽しめます。
昔懐かしい方も、初めての方も、夏休みにガリ版体験をしてみませんか?

■日 程:2016年8月6日(土)
■時 間:13:30-16:00
■場 所:ポーラ美術館 地下1階講堂
■参加費:1,500円
■定 員:先着15名
■講 師:水口菜津子氏
■参加方法:※定員に達したため、参加受付を終了いたしました。

【講師プロフィール】
水口菜津子(みずぐち・なつこ)
アーティスト。京都市在住。2009年京都市立芸術大学美術研究科ビジュアルデザイン修了。2005年、当時は名前も知らなかったガリ版と出会い、ガリ版新聞の発行、配布を通じて様々な人々からガリ版について学ぶ。現代のアートとしてガリ版の新しい表現や可能性を追求しながら、各地でガリ版ワークショップ、ガリ版の魅力を伝える活動を行う。