プレスリリース

パブロ・ピカソ《海辺の母子像》調査による新発見

火星探査でも用いられる科学技術による調査で下層部への「新聞紙」の貼付が判明

ポーラ美術館(神奈川県・箱根町)は、2018年4月に実施したワシントン・ナショナル・ギャラリー(アメリカ・ワシントン)アートギャラリー・オブ・オンタリオ(カナダ・トロント)との共同調査にて、パブロ・ピカソ《海辺の母子像》(1902年・ポーラ美術館蔵)の新たな下層部の存在を発見しました。
本調査は、対象物の成分に関する情報を非破壊・非接触で得られるハイパースペクトル・イメージング・スキャナーを用いて行われ、これにより本作への広範囲な「新聞紙」の貼付が判明いたしました。
この調査結果について、ワシントン・ナショナル・ギャラリーとの共同リリースを発表いたします。

下記をクリックいただきますとリリースがご覧いただけます。

(PDF/922KB)