プレスリリース

2018年7月22日(日)より開催
特別展示 「フジタからの贈りもの―新収蔵作品を中心に」展

歿後50 年となるレオナール・フジタ、新たに収蔵した26 点を公開

ポーラ美術館(神奈川県・箱根町)は、レオナール・フジタ(藤田嗣治)の作品26 点を、新たにコレクションに加えました。くしくもフジタ歿後50 年となる今年、新収蔵の作品をご覧いただける特別展示「フジタからの贈りもの―新収蔵作品を中心に」を開催いたします。なお、ポーラ美術館のフジタ・コレクションの総数は今回の新収蔵を含め総数202 点(絵画・挿絵本(版画)等)を数えます。これは国内で最大級の規模といえるものです。
なお、常設展示「ポーラ美術館の絵画」ではこのほか、新収蔵のシャガール、村山槐多などの作品4 点も同時に公開いたします。

下記をクリックいただきますとリリースがご覧いただけます。


展覧会名:特別展示「フジタからの贈りもの―新収蔵作品を中心に」
展示期間:2018年7月22日(日)~12月2日(日)

(PDF/881KB)