プレスリリース

2018年3/17(土)より「流 麻二果 ― 色を追う/Tracing the Colors」展開催
ルノワール、モネ、ゴッホらの印象派絵画をモティーフにした新作 6 点を展示。

ポーラ美術館(神奈川県・箱根町)は、現代美術の展示スペース「アトリウム ギャラリー」にて、HIRAKU Project Vol.3「流 麻二果 ― 色を追う/Tracing the Colors」展を、2018年 3 月 17 日(土)から 5 月 13 日(日)まで開催いたします。

本展は、あざやかな色彩表現を特徴としてきた流が、色彩を通して印象派の絵画と現代美術との接点を追究するものです。ポーラ美術館の収蔵作品を題材とし、ルノワール《水のなかの裸婦》(1888年)から着想した《人肌》、ゴッホ《草むら》(1889年)から《照降なし》のほか、モネ《睡蓮の池》(1899年)をモティーフとした最新作を通して印象派の色彩を解釈、再構成します。作品から感得される色彩に、流が考える日本の色彩の特徴である「陰影」と「不確かさ」を加え、一つの色を生み出し絵画として表現します。流が制作してきた多彩な色にあふれる画面とは異なり、色を塗り重ねることで深みのある色彩を生み出す新しいシリーズ<色の跡>を初めて公開する機会となります。

下記をクリックいただきますとリリースがご覧いただけます。

(PDF/909KB)