プレスリリース

ポーラ美術館15周年記念展「ピカソとシャガール 愛と平和の讃歌」・プレスリリース

パブロ・ピカソ(1881-1973)とマルク・シャガール(1887-1985)は、ともに20世紀を代表する芸術家です。ポーラ美術館開館15周年を記念するこの展覧会は、二人の関係に光をあて、彼らの初期から晩年までの作品をたどることで、それぞれの新たな芸術家像を浮かび上がらせる試みです。このふたりの関係に焦点をあてた展覧会は、本展が世界で初めての機会となります。 ピカソとシャガールはこれまで対照的な芸術家と捉えられてきました。しかし、二人の作品を比べ合わせたとき、絵画における対象の変形や色彩といった課題において、また「愛」や「平和」という主題において、共通する取り組みも見られます。20世紀の芸術を牽引した対照的な2人の作品80点から、彼らの芸術の本質に迫ります。
下記をクリックいただきますとリリースがご覧いただけます。
展覧会名:ピカソとシャガール 愛と平和の讃歌 会期  :2017年3月18日(土)~9月24日(日)

(PDF/1,789KB)