プレスリリース

ポーラ美術館・夏のイベントリリース

ポーラ美術館、今夏に節電対策と開館 10 周年企画を実施

ポーラ美術館(神奈川県、箱根)は、今夏の節電対策の一環として、美術館の天窓(トップライト)に特殊なガラスコーティング塗料を施し、コーティング前と比べて、夏季の室温を 8~9度下げることに成功しました(※1)。これまでの外観と内観を変えずに、夏季の電力使用量を低減できることに加え、空調の使用量が減ることで排気熱による周辺の植生への負荷を低減し、さらには二酸化炭素の排出量を抑えられるため、地球環境保護にも貢献することができます。

(PDF/82KB)