美術をじっくり楽しむプロジェクト「じっくり09 まぎれこむ」

会期:2017年10月1日(日)-2018年3月11日(日)
会場:ポーラ美術館 展示室2

ー「絵をみるって、むずかしい?」

「じっくり/JIKKURI」は、美術をより楽しんでいただくためのプロジェクトです。美術にはいろいろな楽しみ方があります。数ある楽しみ方のうちのひとつを提案するために、鑑賞ツールやディスプレイをひと工夫することで、作品をみる「きっかけ」を用意しました。知識によって作品を鑑賞するよりもいつのまにか作品の魅力に引き込まれるように鑑賞できるような空間を目指した展示スペースです。

し___っくりロコ___最終350×227

じっくり476298

「じっくり09 まぎれこむ」では、ワシリー・カンディンスキー(1866-1944)が1923年に制作した《支え無し》をテーマに、絵画のなかの「かたち」になる体験をしていただきます。
カンディンスキーは、目に見える世界をそのまま描くのではなく、色やかたちに注目し、その調和やリズムによって目に見えない感情や感覚の世界を表現する「抽象絵画」を描き始めた画家の一人です。
この絵画に登場する、さまざまな幾何学的なかたちは、何かのモティーフを表しているのではなく、色とかたちによる純粋な造形要素として描かれています。これらのかたちは、赤や青などさまざまな色彩を帯びた淡い色調の空間のなかを浮遊しているように配置されており、音楽のリズムのように躍動感あふれる絵画を組み立てています。
さあ、あなたも「かたち」になって、この絵のなかにまぎれこんでみましょう。