キュビスム風静物

作家名
レオナール・フジタ (藤田嗣治)
制作年
1914年
技法・素材
油彩/カンヴァス
サイズ
54.2 x 81.4 cm

レオナール・フジタ (藤田嗣治) 《キュビスム風静物》 1914年

作品解説

1913年に念願の渡仏を果たしたフジタは、翌年2月頃に初めてピカソのアトリエを訪れました。そこでフジタは、ピカソが新たな表現を模索する中で切断したギターなど、実験的な作品を目にしています。本作品は、いまだ自身の画風を確立していない頃のフジタが、ピカソらのキュビスム絵画に触発されて描いたものと推察されます。絵筆や鉛筆、封筒、書籍などさまざまな卓上のモティーフを本来の形態から解放し、それらを自由に組み合わせて画面を構成した本作品からは、前衛的な芸術の本質に迫ろうとする画家の意気込みが感じられます。