巴里城門 貸出中

作家名
レオナール・フジタ (藤田嗣治)
制作年
1914年
技法・素材
油彩/カンヴァス
サイズ
33.7 x 41.7 cm
貸出先
貸出中

レオナール・フジタ (藤田嗣治) 《巴里城門》 1914年

作品解説

第一次世界大戦が勃発する直前の、パリ周縁の長閑な日常をとどめた作品。この辺りは19世紀半ばに築かれた城壁に由来するパリとパリ市外との境界にあたり、大戦前後から工場の進出や低所得者の集住により変貌を遂げつつありました。本作品は、失われゆく「パリ風景」を見出した画家の郷愁の念すら感じさせます。フジタ本人が「私の最初の自分の画」と呼び、制作直後に手放したものの、1930年代初頭の中南米旅行において現地の画廊で偶然に見つけて買い戻し、その後ずっと愛蔵した思い入れの深い作品でもありました。